しおことパパの徒然日記
Since 1997/12/31 | サイトマップ

日記

会社の部署のメンバーでBBQ
神奈川県厚木の七沢森林公園は車で一時間。
IMG_8663

 

 いつもの仲間でのBBQは格別!

IMG_8721

 

 帰りは温泉に入って

IMG_0004
最高の一日でした。

2011年6月11日 23:44

茅ヶ崎の名物はしらす丼。
この時期にしか食べられない生のしらす丼を食べに行ってきました。


茅ヶ崎あさ丸 

生しらす丼 1,280円

しらす丼

その後、鎌倉の大仏見学。
TVで見たシーンと一緒で、おっさん二人大喜びしました。

鎌倉の大仏
30円の中からも見学できます。
鎌倉の大仏

 長谷寺にも行ってきました。めっちゃいいデジカメもったおばあちゃん達が写真撮ってました。
長谷寺

次はアジサイの咲くころ来てみようっと。


2011年5月28日 21:53

番飛行機の機体を近くで見れるのは機体整備場見学です。
ヘルメットを受け取り、整備士の方の説明を聞くのですがこれがまた興味深い!
整備士の中でも最上位に当たる運航整備士の方から直接お話をうかがえました。
IMG_8403

整備士で責任者と言えば職人肌で頑固なイメージ(個人的見解)があるが人当たりがめっちゃ良く整備士免許の若い時の写真を見せて頂いたり、整備の確認印をサインがわりに頂いたり気さくな方々でした。しかし、部下の指導はめっちゃ厳しいと思う(これも、個人的見解)

IMG_8414

ヘルメットをかぶり整備場内部に入ると広い!飛行機5機が入る広さらしいがとにかく広い。

seibujyou


整備場の感想としては整理整頓が行き届いていました。整備場で身近な所と言えば車の整備工場を思い浮かべますが、大体床は油が浮いていて滑りやすく工具もいろんなところに置いてあるのですが、飛行機の整備工場は全然違います。工具が無くなると見つかるまで帰れないという話はよく聞くのですが、工具どころかゴミなんかも床に見当たりません。
ゴミも細かく分別されていて、航空機用のゴミ箱と一般のゴミ箱があり細かく細分化されていました。

IMG_8477 IMG_8478


整備中の767と737の機体を見せていただいたのですが、こんなに近くで機体を見れることはまずないです。整備士さんたちが自分の担当箇所を一心不乱に整備しているのが印象的でした。

IMG_8589 IMG_8505


しかし、私たち見学者に気付けは「いらっしゃいませ」、「失礼します」とかあいさついただいた。
こちらこそ、お仕事中おじゃましているのに行き届いた心遣いに恐縮しました。

男性ばかりの整備士さんの中に女性もいらっしゃいました。
お聞きすると、女性の方もいて通常の整備や女性視点での細かいチェックなどを行っているみたいです。

IMG_8553


機体の整備様子ですが通常ではなかなか見れません。

■ええーっ窓から出入りするんですか!

IMG_8591 

■こんなところにもぐりこんで...
IMG_8560

■コクピット

IMG_8524

■尾翼にタッチ
IMG_8563

■お尻のエンジン

IMG_8573

お尻のエンジンはAPUと呼ばれ、機内の電源、空調、エンジンスタータの動力源を発生させているらしいのですが767などは飛行機の真後ろについています。
777だけは後方から見て左にオフセットされているらしいのですが整備士さんが「777はAPUを稼働させすぎると機体が左に曲がるんですよ(笑)」と冗談をおっしゃっていました。この高度なジョーク分かった人が何人いるやら...整備士さんもすべったのに気づいて照れ笑いしていました。

また、ちょっとさびしいのがA300やMD-90の退役です。
この整備工場でJALのマークを外され売られていくみたいです。
整備機体の種類を減らさないと費用が増えるらしいのですが、若いころ乗った機体が無くなるのは寂しいですね。

■A300 以前、野球選手の松井がペイントされていた機体
IMG_8619

■MD-90 元黒沢カラーの1号機
IMG_8630
 

新しい機体も投入されていますがこのポスターが微笑ましかったです。
IMG_8600

これがB737-800 ペイントも新しくピカピカ!
IMG_8452

整備に手を抜かないのはどこの航空会社も同じだと思います。
しかし、ここまで見せて頂きお話を聞かせていただいたJALと言う会社に親近感を覚えました。
確かにもと国営と言う事もあり、お堅いイメージがあったのですが覆りました。
4月から以前使っていた鶴丸マークにも変わると言う事ですが、いままでのいいところは引き継ぎ、改善を重ね再建に向けて頑張ってください。

微力ながらJALさんに協力させていただきます。
がんばれJAL

ぜひ、JALの整備工場見学に行ってみてください。
小さい子供から女性まで楽しめること間違いなしです。
http://www.jal.co.jp/kengaku/
JAL 日本航空


2011年2月27日 12:51

JALの機内にはAEDが設置してある。たぶん今ではどの航空会社の搭載されていると思いますがJALは10年前からAEDを設置していたらしいです。当時ではまだAED自体も珍しいものでJALはAED普及に一役買っていたらしいです。 

AED

 

AEDの実演を見ていると、突然「お客様手伝っていただけませんか」と言われ見学者みんなで心臓マッサージと人工呼吸をすることになったのですが実際は手伝ってもらう事は無いらしい。
客室乗務員の方々は機内で心肺停止の急病人が出たら、心臓の鼓動が戻るか着陸するまで心臓マッサージを続けるらしいですがたいへんなことだと思います。

ちなみに今回実演いただいたCAの方々にはAEDを機内で使用した経験は無いらしいが、「お客様の中にお医者様、看護師様はいませんか」というアナウンスの経験はあるみたいでした。

ちなみにJALは定時到着率No1です。

定時到着率No1
http://press.jal.co.jp/ja/release/201101/001733.html
これは、お客さんにも優しく地球にも優しいらしいです。

来年もJALは定時到着率No1を目指し運航しているみたいです。


2011年2月27日 00:31

JALさんの整備場見学で一番心に残ったのはJALの社員さんの心遣いです。
見学中に出会った、パイロットさんや整備士さんの方々も笑顔で接していただきました。
パイロットや整備士と言えば職人気質で堅物な先入観があったのですが、笑顔を絶やさず時にはジョークを交えて説明していただきました。
整備工場の方たちも私たちが仕事の邪魔になっているのにもかかわらず「いらっしゃいませ」、「どうぞ」と笑顔で対応いただきました。

中でも一番心に残ったのはCAさん。確かにお客様と一番接しているので心遣いが行きわたっているのは分かりますが、私たち見学者一人一人にメッセージをいただいた。
JAL_message

今回の見学社の方々は応募の際に自分のブログやホームページのURLを書いたのだが1人1人のサイトをチェックしてこのメッセージを書いたのでしょうし、このメッセージを今回のリンクシェアの見学者に渡すという事は名前が分からないと渡すことができない。確かに見学中に名前をずっと呼んでいただいたような気がする。「安田さん、シャッター押しましょうか」のように確かに名前を呼んでくれていた。

これってかなりすごい事だと思います。私も同じようにセミナーやイベントを企画しますが、1人1人のブログをチェックして感想やメッセージを書くことも名前を覚えることも出来ていません。ぜひ見習わなければいけないことだと思いました。
さすがJALのCAさん!感動です。

↓JALのCAさんのブログです。今回ご案内いただいた大塚さんの記事もあるかな...
http://www.jlife.jal.co.jp/blog/cabin-crew/

 

JAL 日本航空

2011年2月22日 00:25

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  | All pages

2013年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

しおことパパの徒然日記

qr.gif